So-net無料ブログ作成

Mac OS Xでシリアルコンソールを使ってみる [beagleboard]

BeagleBoard-xMとは,USB-シリアル変換ケーブルでつないでいる.
こんなとき,Windowsなら迷わずTeraTermを使う.だけど,我が家はMacだ.いやまぁWindowsマシンもあるが,メインはMacなのと,Windowsマシンはだいぶご老体で・・・.このご老体はUSBが1.1だけだったりするし.

で,Mac OS Xでシリアルコンソールを使う必要があるのだが・・・.
幸い,USB-シリアル変換ケーブルのドライバはOS X用もあって無事インストールできている.あとは,TeraTermに相当するのをどうするかなのだが,ネットで検索してもいまいちピンとくるのが見つからない.Windowsだったら前述のTeraTermとかハイパーターミナルとかputtyとかネットで検索すればいくらでも出てくるし,そもそも何使おうかなんて迷った記憶もなく当たり前のようにTeraTermを使ってた.

で,Mac用である.
調べていくと,TeraTermみたいな定番アプリケーションは見あたらない.かわりに,なにやらターミナル(Terminal.app)から使う方法があるらしい.

使い方はこうだ.

まず,USB-シリアル変換ケーブルをつなぐ.で,ターミナルから,
$ ls /dev/tty.*
と入力する.そうすると,つながっているシリアルデバイス名がわかる.うちでは,
tty.usbserial
だった.ほかにも2つほどtty.Bluetoothなんとかってのがでたが,そっちは名前からして明らかにBluetoothデバイスなので違う.あと,USB-シリアル変換のモノによって出てくる名前は違うようだ.
もしどれだかわからなくて迷ったら,USB-シリアル変換ケーブルを抜いて再度「ls /dev/tty.*」して,消えたやつが該当デバイスだ.

デバイス名がわかったら,
$ screen デバイス名 ボーレート
とするとつながる.
うちの場合なら,
$ screen /dev/tty.usbserial 115200
でOK.ちなみにボーレートはBeagleBoard-xMと接続する場合は115.2kbpsなので,上記コマンドになる.

もし,パリティとかストップビットとかいろいろ通信の設定をするなら,sttyコマンドを使うようだが,とりあえずBeagleBoard-xMとつなぐだけならやらなくても大丈夫みたいで,だから詳しくは調べてない.ま,必要になったらそのときに調べます.

あーあと,screenの終了の仕方だけ.起動したはいいが終わり方がわからないと困る(困った)ので.
ctrl + a ctrl + ¥
で終了できる.ctrlを押しながらaを押して,そのままctrlは押したまま¥を押せばよい.

ほかにもいろいろできると思うが,現時点ではこれで十分.
もっと知りたい人は,Google先生に聞いてみるか,man screen,man sttyなどをどうぞ〜.
タグ:OSX 232c
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。