So-net無料ブログ作成

intel Edisonを入手してみる [edison]

intel Edisonを買ってみた.

「Edison Kit for Arduino」と,「Edison Breakout Board Kit」のどちらにするか迷ったが,せっかくEdisonが小さいんだからその小ささが生かされる「Edison Breakout Board Kit」にしてみた.

で,購入したのはこれ.
Intel Edison Breakout Board Kit
USBケーブル Aオス-マイクロBオス 1.5m A-microB 2本
スチロールケース SK-2

ケースは秋月のサイトで「びったとり入ります」と書かれていたので買ってみた.

あと,「Edison Breakout Board Kit」のIO電圧は1.8Vなので,
8ビット双方向ロジックレベル変換モジュール
も買った.

それから,Breakout Boardはピンホールがあるだけで,いろいろ試すとするとピンホールに線材を半田付けすることになると思うが,いきなり半田付けってのはやりたくないなぁと思ってたら,スルーホール用テストワイヤというのがあったのでそれも買ってみた.
テストワイヤ TTW-200
TTW-200_02.jpg

「スルーホールに挿し込むだけで信号の入力やチェックができます」とのことで,半田付けせずに試せる.ただ,Breakout Boardに思いっきり挿すとEdison本体のシールドに接触するかもしれないので,何らかの絶縁はした方が良さそうである.とりあえずうちでは紙を挟んである.

で,実は10月末には入手済みだったのだが,最近やっといじり始めている.
とりあえず,最新のFWにアップデートして,WiFi設定なんかまではやってみた.この辺の作業内容は本家含めネット上にたくさん情報があるのでそれを参考に.

それにしても小さい.以前,BeagleBoard-xMを入手したときにも「小さいなぁ」と感じたけど,これはもっと小さい.
Raspberry Piだって十分小さいけど,それよりも小さい.しかもパワフル.

さて,とりあえず次回はLチカやってみよう.
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。