So-net無料ブログ作成
検索選択

Edisonでmraaを使ってLチカをやってみる [edison]

以前は,Arduino IDEを使ってLチカをやってみたが,今回はmraaを使ってLチカをやってみる.
回路図は以前と同じ.

なお,Arduino IDEでいう13番ピンは,EdisonモジュールのGP40ピンだが,mraaでは別途ピン番号が管理されていて,mraa numberは37になる.ちなみに,情報は「mraa/edison.md at master · intel-iot-devkit/mraa · GitHub」にある.

今回はEclipseを使ってクロスビルドして試してみた.Eclipseでの開発はこんな感じ.
スクリーンショット 2014-11-29 20.21.49.png

参考にしたのは,公式の,「Getting Started for C/C++ (Eclipse) - Galileo & Edison」だ.

コードは,スクリーンショットをみれば分かるが,一応ここにも記載しておく.
#include "mraa.hpp"

static int iopin = 37;

int main(int argc, char **argv) {
    mraa::Gpio* gpio = new mraa::Gpio(iopin);
    if (gpio == NULL) {
        return MRAA_ERROR_UNSPECIFIED;
    }

    mraa_result_t response = gpio->dir(mraa::DIR_OUT);
    if (response != MRAA_SUCCESS) {
        mraa::printError(response);
        return 1;
    }

    while (true) {
        response = gpio->write(1);
        sleep(1);
        response = gpio->write(0);
        sleep(1);
    }
    delete gpio;
    return response;
}


Eclipseからはリモートデバッグも可能なようだ.

それにしてもArduino IDEからの制御も楽だが,mraaも楽だな...
お試しあれ.

タグ:Eclipse
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: